白石阿島選手は天才クライマー!!難なくIFSC 世界ユース選手権を制覇。東京五輪のメダリスト候補に!?

この記事は3分で読めます

白石阿島2

スポーツクライミングは、2020年の東京五輪から新たな種目として加わる候補に選ばれている人気の競技です。
その若手の世界一を決める大会で異彩を放つ少女がいました。

白石阿島選手(14)です。

白石阿島選手

白石阿島


ニューヨーク在住の天才クライマー 白石阿島選手!!
見た目も名前も日本人ですが、30年前にアメリカへ移住した日本人家庭に生まれたため、アメリカ国籍を持っています。

見た目は、今、人気急上昇中の小松奈菜さんにどことなく似ています。

Sponsored Link
Copyrights


阿島選手は、初出場ながらすでに全米ジュニア選手権5連覇を達成している天才クライマー。
その圧倒的な存在感。
見るものすべてを魅了する彼女のクライミング技術。



現在は学校に通いながら週に5回、ジムで4時間ほど登ってトレーニングしているようです。

ジムでのトレーニング風景




ちゃっかりTEDにも登壇




阿島選手は、
「クライミングが東京五輪の種目になったら絶対出たい!!」とインタビューで語っています。

オリンピックでクライミングが新種目として加われば、
メダル最有力候補となるのは間違いないでしょう。

そんな5年後の東京オリンピックの出場を目指す若きエースの大会での戦いに着目してみました。







IFSC 世界ユース選手権(8月28日~9月5日)


イタリアで開催されたスポーツクライミングの世界大会。
51カ国の国と地域、14歳から19歳まで選手、トータル1300人が競い合う。

世界大会への挑戦、この晴れの舞台で戦う娘のために阿島選手の母親は、競技用のズボンを手作り!!

阿島選手の母 ツヤさん
「(大会側から)黒っぽい色のズボンにするように言われたので作ったんですよ。」

娘の勝利を願い、試合に出場する度に手作りしてきたというツヤさん。
今回は、和柄を敢えて入れたという。

一方、阿島選手はトレードマークの前髪を父親にカットしてもらい、気持ちを高めていった模様。

決勝の舞台は、ミラノから車で約3時間。
中世の面影を残す古都、アルコ
山々に囲まれたクライマーの聖地だ。


Sponsored Link




ボルダリング

阿島選手の出場するボルダリングという種目は
制限時間内に高さ4mの課題ルートを登り、その得点を競う。



予選は難なくトップで通過。

阿島選手の父親 久年さん
「いつも言うことは同じです。静かで強い気持ちでいつも通りにやれば大丈夫だと言って。
肩をポンと叩いてね。」

決勝相手はビータ・ルカン選手(14)。
クライミングの強豪国。スロベニアの新星だ。

両選手とも3つのルートを制覇。
しかし、ルカン選手は、4つ目のルートで途中滑って失敗。
阿島選手は、見事4つのルート全てを制覇し、ボルダリングの金メダルが確定した。

阿島選手
「リラックスできてスイスイ登れた。最初のルートを1回でできたら次のルートはもっと安心してできる。」

この後も、阿島選手の快進撃は続く。



リード・クライミング

22mの壁をロープをつけて、制限時間6分以内に上る種目



ここでも圧倒的な存在感を見せつけたのだ

このルートで最も辛い180度の魔の壁。
完全にぶら下がるしかないポイントも難なく越えていった。

その強さは決勝でも変わらない。



圧倒的な強さとプレッシャーをはねのける強靭な精神力。
全てのルート制覇したのは阿島選手 ただ一人だった。

世界大会、初挑戦で二つの種目を金メダル獲得した阿島選手
今後の活躍に世界中が注目している。





インタビュー



――恐くないの?
阿島選手  「最初から全然恐くない。」


――何歳の時から始めたの?
阿島選手  「6歳からです。」


――今回金メダルを二つ取りましたがどんな気持ちですか?
阿島選手  「もちろん凄くうれしいです。夏休みに入ってから凄くトレーニングしていて、頑張っていて自信があったけれどやっぱり緊張していたから・・・。うれしいです。」


――トレーニングは自分の家でやったりするんでしょ?
阿島選手  「ニューヨークのクライミングジムでよくトレーニングしています。」


――目標は?
阿島選手  「やっぱり、オリンピック。世界一番になりたいです。」


――国籍は
阿島選手  「今、ニューヨークに住んでいてワールドユースはアメリカ代表だったけれど、今回、(日本の練習場で)すごく応援してもらって、すごく楽しかったので考えてみます。」



若手日本人も活躍



日本ボルダリング


今大会で、日本の新星も表彰台にあがっています。

* 是永敬一郎選手 (ジュニア男子リード3位 )
* 田嶋あいか選手 (ユースA女子リード3位 )
* 野中生萌選手  (ジュニア女子ボルダリング2位)
* 緒方良行選手    (ユースA男子ボルダリング1位)
* 原田海選手   (ユースA男子ボルダリング2位)
* 土肥圭太選手  (ユースB男子ボルダリング2位)

の6選手でした。


以前、「ぷららモバイルLTEプラン」のCMに出演していた大場美和さんをはじめ、(→記事はコチラ )
日本にも将来メダル候補になる選手は、確実にいます。
彼らの今後の活躍を楽しみにしましょう。



Sponsored Link


関連記事

  1. 2016040502
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

商品紹介記事

  1. おっさんマルチケース
  2. 伊藤園 瓶お~いお茶玉露
  3. 1227-1
  4. 松岡修造 ほめくり
  5. ハロウィン

海外エンタメ

  1. 1229-6
  2. タイムス誌
  3. ハリソン アイキャッチ
  4. ジェス・グリン2
  5. ケンダル・ジェンナー

映画特集

  1. 1224-1
  2. 私たちのハァハァ

これは必見動画集!!

  1. クジラ4
  2. ピタゴラスアイキャッチ
  3. ヒグマ
  4. 神業
  5. アポロ・ロビンス

ブログランキング